・上手にできるようになってもらいたい。

・楽しく身体を動かして運動してほしい。

・できて自信をつけてもらいたい。

・逆上がりをできるようになってもらいたい。

・側転やとび箱を綺麗にできてほしい。

           

 ノーバの教室で、楽しくたくさん練習して

上手になってください。そして、見て聞いて

理解する力・何回も練習する力・あきらめな

い力を身につけ、運動上手で賢い子になって

もらいたいです。

 

 【ノーバ体育スクール】 創立1991年

      代表 山口 恒(Hisashi.Y)

             S35.11.25

「運動が苦手!」「できないんだ」を

「できるようになった!」へ

  私は、泳げませんでしたが3日練習して泳げる

 ようになりました。とても嬉しかったです。

  スノーボードも3日練習して滑れるようになり

 ました。滑れて気持ちよかったです。筋力をさほ

 ど必要としない運動は練習したらできるようにな

 ります。

  なぜ?と思い、脳科学の勉強しました。

 人間が身体を動かす場面で重要な役割を担ってい

 るのが空間認知能力です。本を読んだり、絵を描

 いたり、字を書いたり、あと1時間勉強しような

 どの際にも使われます(使われるそうです)。

  空間認知能力を伸ばすにはどうしたらようでし

 ょうか。①姿勢を正しく保つこと②身体のバラン

 スを保つこと③楽しく繰り返し練習することです。

 運動選手で一流の人は、姿勢がいいです。姿勢が

 いいから一流になれたのだと思います。

  教室では、ジャンプ体操やなわ跳びで、真上へ

 跳び上がる運動をして、姿勢を正しています。お

 手本を見る際、姿勢が悪く身体を斜めにしている

 と、目線が斜めになり、脳で補正しなければいけ

 ません。きちんと前を向いて座ることが、空間認

 知能力を高めます。  

  空間認知能力は、誰でも鍛えることができるの

 で、この脳の仕組みを活かし、「できるようにな

 った」目指し、楽しく繰り返し練習できる体育教

 室を行っています。          (山口)