こんにちは。ノーバ体育スクール代表の山口 恒です。

       当スクールのこのページを開いて頂き、ありがとう

    ございます。この『ノーバ体育スクール』のページは、

    札幌で体育教室指導者としての代表の心構えや経歴、

    子ども達への指導の思いを書かせて頂きました。

    どうぞ、よろしければ、ご一読ください。     

  

     まず、始めに、子ども達の皆さん!

    

     クラスで1番を取ってください。クラスで1番になって

    ください。1番になること。そのために努力してください。

 

     ノーバで自分を鍛えてください。好きな技や得意な技を作り、

    学校の先生に褒められてください。何で一番になりますか?

    まずは、好きなこと得意なことを見つけ、伸ばしていきましょう。

    例えば、鉄棒が好きで得意なら、クラスで誰もできない

    片膝かけ後転をできてクラス1番。足を伸ばした綺麗な逆上がり

    をしてお手本に選ばれ、クラス1番になる、などです。

 

     自分の好きなことや得意なことを何回も何回も練習して伸ばし

   『練習して、身につけて、1番になるのです』

 

               平成が終わり令和になり、今まで経験したことがない

    大変なことが起こる時代が来た気がします。先日のこと

    です。ビバホームへ行きました(個人的感想ですみません)

    1年前には、店内の商品材料の専門的知識のある

    店員さんが数人いました。しかし、1年ぶりにビバ

    ホームへ行ってみると、以前のような店員さんはいなく、

    女性や若い男性。みんなバイトだそうです。家族を養える

    くらいの給料を貰える人が、このお店にいなくなって

    しまっていたのです。驚きました。

 

     ノーバの子供たちに運動を通して、そんな時代をどう

    乗り越えていくか。運動上達は、もちろん第1目標ですが

    そういう力も身につけてほしいと思い、このページに私の

    気持ちを書かせて頂きます。

 

     運動を通して、運動上手で賢い子になってもらいたい。

    運動だけじゃダメなんです。運動と勉強の両方できる

    子=両方できる賢い子です。

 

     これは、ノーバ体育スクール創立当初から、

    ずっと思っています。ちなみにノーバとは、

    子ども達を伸ばす→のばす→ノーバ。約30年前に

    銘々しました。運動を通して、考える力・知恵を

    持つ力を身につけてほしいのです。

 

     最悪の場合でも自分を責めず、追い込まず

    冷静に状況を分析して、何が原因で、誰に、

    何を、どう解決したらいいか考え、気付く賢さ。

    そして知恵を出し、思考し、その最悪な状況から

    抜け出し、自分の命を守り、最後まで生き抜く。

 

     とにかく生き延びることです。そのための武器が

    運動で鍛えた身体であり、もうひとつは、自分で

    自分から勉強し、身につけた考える力なのです。

 

     私が、小学生の頃の話をします。今から50年

    くらい前のことです。旭川市内の端っこに住んでいて、

    ちょっと奥へ行くと住宅地が終わり、田んぼが広がって

    いました。小学生の頃は、近所の友達と空き地で草野球を

    したり、ポコペン・パッチ・缶蹴り・ゴムとび・ブーメラン

    ・Sケン鬼、石けり、自分で作った竹馬、自転車で探検、

    石炭小屋内の秘密基地、魚つり、さくらんぼや梨やきのこ

    取り、冬は、ソリにスキーを乗せ20分くらい歩いた

    近くの山のスキー場などで毎日遊びました。暗くなるまで。

    冬は陽が暮れるのが早く、寒くなるまで。宿題は

    出なかったし、毎日帰宅したら、玄関にランドセルを置いて、

    すぐ外へ遊びに行きました。

    

     一人の時は、虫とりです。大体の虫は、捕まえました。

    (虫さん、ごめんなさい)とんぼ、蝶々、バッタ、蝉、

    ザリガニ、さんしょううお、クワガタ、こおろぎ、

    青虫、どじょう等々。そんな毎日外で遊んだ小学校

    6年間が終わり中学校へ。歌手の玉置浩二さんと同じ

    中学です。玉置さんは、3つ年上だったので、私が

    入学の年は、卒業でした。

 

     私は、中学校3年間クラスで、大体5教科トータル7番

    くらいでした。ある時、どんなに頑張って勉強しても、

    いつも7番くらい。悔しくて、次のテストを頑張っても、

    また7番くらい。3年間上がれませんでした。1番から

    6番目の友達は、休み時間も机に座り、勉強しています。

    ちらっと見てみると、教科書の復習や予習、ノート学習、

            短冊の暗記をしています。勝てないなあと思いました。

            私は、休み時間に遊ぶのが楽しみでしたから。

            何して遊ぼうかなあ。小学生の時の悪い習慣が残って

            いたのです。やはり、良いことを繰り返し、良い習慣を

            身につけた方がよさそうです。

 

     今年の北京オリンピックを見ていた時のことです。

    昨年のワールドカップで7位の女性が、今回北京

    オリンピックで、本命の選手に勝ち、みごと金メダル

    を取ったのです。それを見て...記憶が...忘れていた...

    あの...しまい込んでいた...中学の記憶が...45年ぶり

    に思い出したのです。

 

     中学生の時、私はどんなに頑張っても、5教科クラス

    3年間、ずっと7番くらいでした。実は、私は中学校

    生活3年間で、成績は大したことなく、クラスで特に

    目立つこともなく...普通だったかなあと思っていました。

     

     でも私は、数学が好きだったことを思い出したのです。

    そう言えば、クラスで出された宿題で、次の日、一番

    難しい最後の問題を、クラスの天才達誰も解けず、私

    だけが、解いたことがあったことを。数学でクラスで

    1番の成績を取ったことを。98点で数学クラス1番

    になったことがあったこと、などを思い出したのです。

 

     3年間、一度も抜かすことができなかった、あの

    6人に、数学で勝つ!ことができたことを私は思い

    出したのです。心が熱くなりました。可笑しいでしょ。

 

     皆さん、クラス1番になってください。

    1番じゃないとダメなのです。何故なら、諦めて

    しまう習慣が身につくからです。

 

     どうせ自分は無理!できないし、やるだけ無駄。

    そうでしょうか?それは裏返せば、ただプライドが高く、

    自分を傷つけたくなく、自分を守り、逃げてるだけでは

    ないでしょうか(間違っていたら、ごめんなさい)

    

     逃げたら、お仕舞いです。誰だって、不安なこと

    逃げたいことは、たくさんあります。自分を信じ、

    ひとつ1つ、目の前のことに取り組み、もがき、考え、

    試行錯誤しながら、努力して、解決しているのです。

    みんな形こそ違いますが、そうやって乗り越えている

    のです。それが自信となり、生き抜く力になります。

     

     ノーバは、体育教室です。普段は、毎回コツコツ練習

    してできるようになる力を身につけています。でも、

    皆さん、気づいてますか?ノーバへ行こう!ノーバの

    教室で運動しよう!ノーバの教室で、今できない

    あの技をできるようになろう!もうこれだけで、既に

    気持ちという名の努力をされているということを。

    皆さんは、もうすでに努力されているのです。

 

     ノーバの小学生は、スゴいなあって、いつも思って

    います。皆さんは、休まず教室に来て、何回も繰り返し

    練習し、技をできるように努力されています。スゴい

    ことだと私は思います。その時間、他の子は、家で

    YouTubeを見たり、ゲームをしてるかもしれません。

 

     週1回1年間休まず、学校から帰宅後、教室に来て

    運動して、何回も何回も練習し、できた!嬉しいあの瞬間。

    自己肯定感を自分で努力して、高めているのです。やろう

    と思ったことをやれる人になっているのです。やれる力を

    自然と身につけていたのです。

 

     毎回皆さんが、努力をしに教室へやってきます。

    皆さんの運動個人データを、私はいつも持ち歩いて

    います。誰が今、何をどれくらいかが、すぐわかり、

    ます。わかるから、練習途中で瞬時にデータを見て、

    適切な助言を皆さんにできます。練習は、人体学や

    運動体系学、脳科学、心理学を取り入れ、科学的に

    より効率的に。皆さんが頑張るように私も頑張り

    ます。

 

     令和4年4月スタートします。1年間44回休まず

    いらしてください。どうぞ、よろしくお願いします。

 

    【ノーバ体育スクール】 札幌市西区、手稲区、中央区、

                北区、東区に教室があります。 

 

       事務所 〒001-0024 

           札幌市北区北24条西17丁目2-12

           ℡.011(737)3330

 

       メール ・nouba@nifty.com(事務所)

                                 ・nouba-01@ezweb.ne.jp

                     (代表直通)

 

          ノーバ体育スクール代表

           山口 恒(Hisashi.Y) 61歳

 

                   (令和4.4.5)

  【後書き】

         令和5年に向けて

       今年は、時間があります。今、気づいた

      ことを優先し、日々ちょっとしたことを

      そこで立ち止まり、少しの時間と知恵、

      工夫をし、妥協せず、綺麗に美しく、

      完璧に直す。そんな100点生活を。 

 

*詳しくは、ノーバ体育スクールのホームページ『ホーム』を

 ご覧下さい。